キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

小澤信朗

       代表挨拶          代表プロフィール

代表挨拶

「どうしてあたしがぶっ殺されなきゃいけないのよ!」


~目の前でケアマネジャーさんが精神不安定な高齢の利用者さんから

「お前なんかぶっ殺してやる!」と電話口で言われている現場に居合わせました。
そして、その時から、
「このケアマネジャーさんのために、自分は何ができるのだろう?」
ということを必死で考えました。~

 

 

私が初めて福祉の世界に足を踏み入れたのは、1999年の大学4年生の時でした。

知的障害のある子供たちの水泳教室と学童保育にボランティアで参加しておりました。

そこで、知り合った学童保育を運営されている方から「福祉業界を支えることができる人間になってもらいたい」とおっしゃっていただきました。

 


その言葉がきっかけで、将来は福祉のお仕事をされている方のサポートをおこないたい!と思うようになりました。

そして、どのようなサポートであれば多くの福祉のお仕事をされている方の役に立てるか考えました。そのとき「法律家であれば役に立てることがあるかもしれない」と思い、法律の勉強を始めました。

 


縁があって、平成16年度の行政書士試験に合格することができました。

その後、翌平成17年2月から某介護保険システム会社のシステムサポート員として約5年半働きました。

 


冒頭の「どうしてあたしがぶっ殺されなきゃいけないのよ!」
という叫びは、私が前職の介護保険システムのサポート員として派遣された場所で聞きました。

 

私の目の前で精神が不安定な高齢の利用者さんからケアマネジャーが

電話口で「お前なんかぶっ殺してやる!」と言われていました。

その返事としてケアマネジャーの方が叫んでいたのです。

 

その現場を目撃したとき

私は心から怖いと思いました。

言われたケアマネジャーの方も同じ思いだったと思います。

しかし、ケアマネジャーの方は逃げずにその利用者と向き合いました。

その姿をみて、心から感動しました。感動と同時に私には一つの思いが湧き上がってきました。


「このケアマネジャーのために自分ができること、もっとあるのではないか?」


その時に「法律家になろう。行政書士として、いばらの道かもしれないけど一生懸命あるいて、ケアマネジャーをはじめとする福祉のお仕事をされている方の力になろう」と決意しました。

 

介護業界を支える行政書士として、

誰よりも熱い気持ちを持って本日も業務に取り組みます!


介護業界を支える行政書士(介護書士)
小澤 信朗(おざわ のぶあき)

   >>小澤信朗 プロフィールはこちら


 

◆無料メールセミナー  ケアマネジャーからの紹介で利用者が30%増える方法

   ケアマネジャーからの紹介で利用者が次々と増えていく方法が丸わかり!

  小規模デイサービス向け6日間のメールセミナーです。

 

   ●現在、小規模デイサービスを運営していて、もっと稼働率をアップさせたい方

 

   ●将来、小規模デイサービスの開設を検討されている方

  ●ケアマネジャーへの「正しい営業方法」を知りたい管理者・生活相談員の方

                                                                                           などに対し

                                                                                          

  デイサービスを開設後、利用者を紹介されるためのポイントをわかりやすくお伝
  え
しています。

 

  登録に際し、費用は一切かかりません。

  お気軽にご登録ください。

 

 

<6日間の配信スケジュール>
1日目:異業種から参入すると知らずにはまる営業の落とし穴
2日目:小規模デイサービスがおこなう営業前の事前準備
3日目:小規模デイサービスの営業の性質
4日目:小規模デイサービスの効果的な営業の仕組み
5日目:新規のケアマネジャーへの効果的な営業方法
6日目:利用者を紹介してくれたケアマネジャーへの営業方法

 

 

 

 

(また、6日目終了後も、6つのポイントをメールにてお伝えします。)

 

 

 

お問合せ


ご質問やご要望は、下記よりお気軽にお問合せください。